SOLEIL ERRICO

ソレイ・エァリコ シリーズ

クリーンなドロップニー・ターンから美しいハングテン、さらにステップバックを経てオフ・ザ・トップへ。パワー、スタイル、優雅さをシームレスに融合するライディングが特徴のソレイ・エァリコ。
カウアイ島のコーストラインで育ったソレイは、ハワイとカリフォルニアのマリブをベースに、世界中を旅しながらコンテストでの勝利を重ねてきました。

2018年には弱冠17歳で初のWSLウィメンズ・ロングボード世界タイトルを獲得。史上最年少でタイトルを獲得したひとりとして、世界のトップランカーにその名を連ねています。

そして2022年、ライアン・エンゲルがシェイプするシグネチャーモデルの「Soleil」が登場。才能豊かな若きプロサーファーであるソレイは、ますますその活躍の舞台を広げています。




 

 


SHAPER - SOLEIL ERRICO

RYAN ENGLE / ライアン・エングル

2002年、カリフォルニアのダナポイントにあるINFINITY SURFBOARDSで、スティーブ・ボーエンファミリーのもとシェイピングをスタート。これまで5000本以上のサーフボードを手掛けたことでサーフボード作りの礎を築いた。
2007年にNATION SURFBOARD MANUFACTURINGを設立し、熟練の職人技を取り入れた独自のAKUシェイピングマシンを導入。
「デザイン、ロッカー、レールといったサーフボードの要となるデザインを完全にコントロールし、イメージ通りの形を生み出す工程には中毒性がある。これらの最先端ツールを使ってできることに限界はないからね」と、CAD設計によるサーフボードビルディングを追求している。

 






 

SURFBOARDS

 


 

Back to TOP PAGE