Thunderbolt Technologies

Thunderbolt Technologies

Thunderbolt Technology utilizes advanced materials and technology to decrease weight while enhancing performance, flex characteristics, board control, and durability. Mass-produced epoxy boards are corky and stiff. While light and durable, they simply don’t ride well. But Thunderbolt’s hand-built boards take superior epoxy materials to an entirely different level. These boards provide the feel and sensitivity of a good poly board, but deliver performance far beyond traditional epoxy pop-out constructions. Indeed, those who ride these high-tech epoxy boards claim they actually feel better than polyurethane.

Thunderbolt boards are 100% hand layups. They begin with an EPS foam core with multi-component carbon fiber stringer systems that produce engineered flex and twist for a more lively, responsive performance. Proprietary designs employing internal carbon fiber components are then arrayed in the deck and bottom of the deck for precise flex control and strength.

The core shield PVC provides flexible protection to increase strength and durability without compromising the flex and twist characteristics built into the blank. With ample carbon fiber and fiberglass in the deck, bottom, and rails, these boards both outperform and outlast traditional PU boards and other epoxy designs.

THUNDERBOLT TECHNOLOGYは優れたマテリアルとテクノロジーを使うことで軽量化を施し、パフォーマンス性、フレックス性、コントロール性、耐久性の向上を実現した。

大量生産されるエポキシ製のサーフボードはフレックス性に乏しく、取り扱い自体が難しい。しかしTHUNDERBOLT TECHNOLOGYによるサーフボードはエポキシを使いながらも別次元のライディングフィールを提供。その乗り味は従来の優れたサーフボードと同レベルにあり、一般的なエポキシ製サーフボードよりもはるかに優れたパフォーマンス性を実現した。実際、既に使用経験のあるサーファーたちからはポリウレタン製のサーフボード以上の高評価を得ることに成功している。

この注目のサーフボードは、カーボンファイバーのストリンガーを有するEPSフォームを芯材とし、積層はすべて手作業で行われる。完成したサーフボードはフレックス性とねじれを有する画期的なものであり、内側にカーボンファイバーコンポーネントを採用した独自のデザインは、優れたレスポンス力と正確なコントロール性を約束する。

また芯材をラミネートするPVCは強度と耐久性を高める柔軟性をサーフボードに与え、同時に芯材が有するフレックスとねじれの特性を損なうことがない。さらにデッキ、ボトム、レールに十分なカーボンファイバーとグラスファイバーを使用しているため、従来のポリウレタン素材や他のエポキシ設計のサーフボードよりも耐久性ある仕上がりとなっている。