Repair Service

サンダーボルト認定メンテナンスファクトリーがサーフボードのリペアをいたします。

サンダーボルトでは、ご購入いただいたサーフボードをより長く使っていただけるよう、リペアサービスを行っております。リペア作業を行うのは、サンダーボルト認定のメンテナンスファクトリーです。長年サンダーボルトテクノロジーの製造に携わってきたクラフトマンが、お客様の愛用するサーフボードを1本1本丁寧に修復します。

サーフボードがヒビや穴などのダメージを負った場合、樹脂やクロスで埋めてリペアすれば、ボード内部への浸水は防くことはできます。しかしサーフボードは、アウトライン、フレックス、フォイル、重量などすべてがバランスされることで、ボートの持つ特性を発揮するようデザインされており、その特性を考慮せずリペアしてしまうと直した部位のみバランスが変わってしまいます。見た目をきれいに整えただけでは、サーフボードの持つ特性は蘇りません。使用する樹脂の量、グラスファイバーの強度が適正でなければ、サーフボード内に硬さの違う部位が生まれてしまい、最悪の場合リペア部位との継ぎ目から新たなダメージを誘発してしまいます。

サーフボードのダメージは、千差万別です。ダメージの範囲、深さ、角度などにより、どのように直すのが機能性を維持するうえで最適なのか。メンテナンスファクトリーでは、サンダーボルトテクノロジーの構造を熟知し、シェイプ、ラミネート、サンディング、ブラシなど、ボードビルディングのすべての工程に精通するクラフトマンが、トータルバランスを蘇らせるためのベストな方法を判断しリペア作業を行っております。修復にはサンダーボルトのサーフボードとすべて同じマテリアルを用いており、愛着あるサーフボードの乗り味を復元することが可能です。

リペアをご希望の際は、下記「リペアサービスのフロー」をご覧のうえ、お気軽にご連絡ください。

リペアサービスのフロー


下記メールアドレスに、以下の内容をお送りください。
repair@thunderboltsurf.com
ダメージ箇所のご説明(ダメージを追った際の状況やリペアされたい部位など)
ダメージ箇所の写真を3枚以上(正面+上下左右などからダメージの詳細が判別できるもの。ダメージにピントをあわせて撮影ください)


見積りをして、ご連絡いたします。


見積り金額をご了承いただけましたら、再度ご連絡いただき、サーフボードをファクトリーまでお送りください。
直接持ち込んでいただいても問題ございません。

送り先
THUNDERBOLT TECHNOLOGIES REPAIR SERVICE DIVISION
190-0172 東京都あきる野市深沢338 / 電話:080-3174-9966 / 担当:角田
※持ち込みの場合は事前に担当:角田までご連絡ください。


リペアファクトリーにてサーフボードを受け取り後、納期をお知らせいたします。
注:見積り金額は、実際のダメージの状況により上下することが稀にございます。その際は再度ご連絡いたします。
復元完了次第、ご連絡いたします。
直接のお引取り、あるいは返送のご希望をお知らせください。