TAYLOR JENSEN

カリフォルニア州サンディエゴ出身のテイラー・ジェンセンは、身の回りにあるあらゆるタイプのサーフボードに乗ることに情熱を抱きながら育ちました。ロングボードと出会ったのは13歳のときのこと。以来、世界で最も成功し、コンテストにおいて圧倒的な強さを誇るロングボーダーのひとりとなりました。これまでに、3度のロングボードワールドチャンピオン、6度のノースアメリカチャンピオン、3度のオーストラリアチャンピオンのタイトルを獲得し、プロとして50回以上の勝利を収めています。世界中で行われるコンテストやスウェルを追う旅に出ていないときは、妻のナバ、そして娘のジャガーと一緒に、カリフォルニア州サンディエゴのビーチとオーストラリアのニューサウスウェールズ州のノースコーストを行き来して過ごしています。



OUR SHAPERS

DAN MANN / MANN KINE SURFBOARDS

海辺での生活を愛するダン・“マンカイン”・マンは、ライフガード、サーファー、そしてパドルボードのチャンピオンという経歴を持ち、世界中を旅してきた。12歳の時ハワイのマウイ島から南カリフォルニアに移住してきて以来コロナドをホームグラウンドとしている。自分のサーフボードを修理するなかでシェイプに興味を持つようになっていった彼は、その後自身のブランド「マンカイン」を立ち上げ、20年以上にわたってサーフボードデザインの限界を押し広げてきた。ロングボード、パドルボード、サーフボードの豊富なボードビルディングの経験を持つマンは、サーフボードデザインにおいてシェイピングの微妙なディテールがいかに重要であるかを知っている。マンのボードが注目されたのは2017年。2015年にケリー・スレーターのために作られたボード『FRK』は彼のストレージで2年間眠っていた。2017年にケリーがたまたま『FRK』を手に取りトラッセルズで素晴らしいサーフィンを見せると、このサーフボードとともにダン・マンは一躍時の人となったのだった。その後スレーター・デザインズとコラボレーションし、『FRK』の正式リリースに至っている。卓越したボートビルダーとしてその名を知られるようになったマンだが、確かな技術からデザインされる複雑なディテール、そして繊細なパフォーマンスシェイプの背後には、長きにわたり海に捧げてきた経験が生きているのである。


SURFBOARDS