SKIN DOG SURFBOARDS

スキンドッグサーフボードは、ベン・スキナーと親友であるジェイソン・グレイによって2008年にイギリスでスタートしたブランド。元々、ジェイソンはベン・スチュワートロングボードでボードを作っており、そのボードで2006年にはベンを世界2位に導いたのだ。彼ら二人の関係はブランドスタート以前に、すでに強固な絆を持っていた。2007年にベンとジェイソンは時を同じくして父親になると言われた。信じられないことに本当に1週間違いでお互いに少年の父親となった。二人は将来、自分達と息子達が一緒に出掛けたりして楽しめるようになれば良いと考え、パートナーとなることを決めた。


OUR SHAPERS

BEN SKINNER / SKIN DOG SURFBOARDS

ブランド名のスキンドッグはベンの昔からのニックネームにすると決め、スキンドッグサーフボードが生まれ、ジェイソンが手掛けたロゴマークはイギリスで急速に広まっていった。そして、彼らは数年を掛けてイギリスの他の工場でボードを作り続け、ビジネスを成長させていった。最初の頃、ベンにはシェイプの経験はほとんど無かったが、サーフボードデザインが豊富で経験豊かなシェイパー達(ピーター・チョップ、ビル・スチュワート、マーク・ネビルなど)と一緒に働き、そこから様々なことを学んでいった。また、ベン自身の考えで世界のロングボードツアーに参戦して、様々な経験をボードデザインに活かし、ジェイソンのサーフィン業界での豊富な知識をボード作りにプラスすることにした。そして、子供用ボード、ショートボード、ハイブリッド、ロングボード等々の幅広いデザインをベンがシェイプして、ジェイソンがラミネートして、彼らのチームワークによってボードが完成されてきた。2015年に自社の工場をイギリス・コーンウェルに開設。リサイクルされた輸送用コンテナを設計して建設した工場である。また、彼らは60年以上に渡りサーフボード製造の経験を持った強力なチームを擁している。彼らが作るサーフボードの品質とユニークなデザインは、他に無いモノでイギリスのマーケットでは際立っている。二人は量を作るよりも品質を保証し、それを誇りとして各顧客の細かいニーズに応え、レベルの高いサービスを確保することが成功のカギと考えている。彼らの最初の目標は、市場で最も軽く耐久性のあるパフォーマンスロングボードを作ることであった。2008年にスキンドッグのロゴを使って製作された1本目のボードは、カーボンレール、ストリンガーレスのEPSで、エキサイティングで新鮮なボードであった。これにより、日本で行われたWSLツアーで、ケビン・コネリーに次ぐ2位となり、ヨーロッパで3タイトル、イギリスでも3タイトルを獲得した。これらの勝利はスキンドッグチームが2008年以降の全英ロングボード・オープンタイトルの獲得に繋がっていった。ベンは11のヨーロッパタイトルを獲得しただけでなく、世界のトップ10にランクインも果たした。最近では2016年WSL ロングボードツアー 5位、2015年3位となっている。スキンドッグサーフボードは、ボードの設計を次のレベルに引き上げるために進化が必要と考え、元々、EPS、カーボン、エポキシ樹脂を使用してボードを製作していたので、サンダーボルトテクノロジーと仕事をすることは完ぺきにマッチした。ベンはサンダーボルトテクノロジーの発明者のユウ・スミトモとサーフィンを通してリレーションシップを築けて幸運だったと言う。「サンダーボルトテクノロジーはサーフボードの中で世界最高の技術であると考え、私たちスキンドッグは、最も人気のある3モデルのラングラー、スムージー、ブレンダーをこのテクノロジー構造で世界に発信出来ることを誇りにしている」とベンとジェイソンは語り、サンダーボルトテクノロジーと次のステージへの旅が始まったのだ。


SURFBOARDS